地元福岡で債務整理|多重債務者の借金整理をお手伝いします

債務整理の無料相談|福岡/福岡市近郊の方の借金整理|福岡市南区司法書士斉藤事務所

借金|多重債務の相談

借金整理/過払い金請求のお悩みなら 
福岡市南区 西鉄高宮駅西口 司法書士斉藤事務所を気軽にご利用ください。多くの経験で迅速に対応させていただきます。

 

斉藤司法書士事務所  斉藤 渉
福岡県司法書士会員登録番号 福岡第668号
簡裁代理業務認定番号 第429006号
 
福岡市南区高宮5丁目3番9号  エルソール高宮2階 
TEL.092−400−7600
e-mail saitou-office@beetle.ocn.ne.jp


相談のご予約方法

ご相談者様の都合が良い日時を気軽に下記の電話番号にご連絡ください。無料相談となります。
当日の面談も可能です。

 

フリーダイヤル 0120-928-892
 
ご相談の範囲

  • 自己破産/個人再生/任意整理等の債務整理全般
  • 住宅ローンがある場合の債務整理
  • 過払い金について

債務整理を始めることで

多重債務の状況になり支払いのみが延々と続き、完済の目途がつかないことは大変つらい事です。
 
債務整理を始めることで完済の目途がたち、借金の支払い苦から解放されます。

 

毎月の支払いも今より大幅に少なくなります。
 

債務整理開始により、貸金業者から自宅や会社に連絡が来なくなります。
 
精神的にゆとりができますし、生活も穏やかなものになります。
 
手持ち金0円で開始でき、しっかりお手伝いさせていただきますので、債務整理をすぐに開始して生活の再建をしてください。


債務整理の種類

債務整理は自己破産、個人再生、任意整理、特定調停の4種類があり法律による借金整理手続きです。弁護士、司法書士による債務整理手続きは自己破産、個人再生、任意整理の3種類が一般的な債務整理の手法です。
 
自己破産、個人再生は裁判所の手続きとなりますので、提出書類も多くなり、時間もかかります。
 
任意整理は貸金業者と弁護士、司法書士との話し合いで解決しますから手続きとしては簡単です。
 
各債務整理手続きの借入金のカット率は次ぎのとおりです。
 

  • 自己破産        100%
  • 個人再生    原則  80%
  • 任意整理    原則   0%

 
任意整理は手続きとしては簡略ですが元金のカットがほぼありませんから、生活再建の効果も限定されます。
 
逆に裁判所を利用した自己破産、個人再生はカット率が大きいので生活の再建を果たすことは容易ですが、それぞれの手続きに条件やメリット・デメリットがありますので、先ずはご依頼者のお話を詳しくお聞きすることから始めさせていただきます。
 
債務整理をご依頼いただきましたら、先ず当事務所から各債権者宛に受任通知を発送いたします。受任通知発送後は取り立ては止まり、返済も一時的にしなくてよくなります。
 
債権者から後日過去の取引の履歴が送られてきますので、利息制限法で再計算します。
 
すべての債権者の計算を終えて、ご依頼者との協議のうえ任意整理か個人再生か自己破産かの方針を決定します。
 
過払い金が発生している債権者に対しては過払い金返還請求を、訴訟又は交渉により行っていきます。

個人再生

個人再生は裁判所の手続きで、原則債権額の20%を支払うことで残りの債務の支払いが不要になります。但し、生命保険を解約した場合の解約返戻金や預貯金等の財産額の合計が債権額の20%を超えるときは手持ちの財産額まで支払う必要があります。
 
個人事業者で今後も事業を継続していく方やギャンブル・浪費で借金を作った方、自己破産を選択すると仕事を辞めなければならない方等に向いた債務整理の方法です。
 
また住宅がある方は住宅ローンを支払いつつ他の債権を80パーセントカットしてもらい住宅を失うことなしに生活再建ができます。
 
具体的な支払い額
 
借入額が500万円以下の場合は、100万円まで減額してもらえます。例えば400万円の借金があれば、100万円を3年で支払います(月当たり2万8千円)。
 
借入額が800万円の場合は、20%の160万円を3年〜5年で支払います(3年支払いの場合月当たり4万4千円)。
 
住宅ローンの他に1000万円の借金がある方なら、住宅ローンはそのまま支払いを継続して、1000万円の借金は200万円に減額してもらえます。200万円を3年〜5年で支払います。(5年支払いの場合月当たり3万3千円)。


自己破産

自己破産も裁判所での手続きで、今後の支払いが不能である場合に最終的に選択します。現在の収入が少なければ、借金の支払いは出来ませんので自己破産の選択しかありません。
 
自己破産では、今後も支払いが不能であることを申立て資料などで裁判所に認めてもらい、免責を受けることができます。
 
自己破産はそのまま免責手続きに移行する同時廃止事件と裁判所から破産管財人が選任される管財事件の二つに振り分けられます。
 
管財事件になると追加の費用が23万円程度かかりますし、手続きも複雑になります。

任意整理

任意整理は弁護士、司法書士などの専門家が債務者に代わって債権者と話し合い、将来利息カットの条件で、弁済回数や毎月の支払額を返済できる金額の範囲内で交渉します。
 
次のような方が利用されています。
 

  • 保証人をたてた借入先を除外したい
  • 自動車は必要だから自動車ローンは除外したい
  • 数件の借入先のうち何件かだけ整理したい
  • 月々の返済額を減らしたい
  • 仕事を辞めたくないので裁判所での手続きは避けたい

 
手続きの流れは、取引履歴を取り寄せ利息制限法で再計算します。計算の結果、消費者金融などで10年以上の取引がある方は過払い利息で借入金額が減額になる場合があります。減額になった金額を、将来利息なしで20回から60回の分割により返済していくことを債権者に提案します。
 
あくまで任意の話し合いですので、相手がこちらの提案を受けるか否かは相手の自由ですが、ほとんどの会社はこちらの提案を受け入れています。相手の会社によりますが90回程度の分割に応じる会社も少ないですがあります。
また短期の借り入れの場合も、将来利息なしで分割払いに応じてもらえる場合も多いですが、少しの将来利息を条件に任意整理に応じる債権者もいます。
 
計算の結果、過払い利息で過払い金が発生している場合は、過払金返還請求をすることでお金が返ってきます。

債務整理は無料電話からご予約下さい
今月支払えそうにない方はすぐに電話ください。
 
フリーダイヤル 0120-928-892

 

 

 

 

 

 


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 個人再生 自己破産 任意整理 過払い金請求 手続き費用